中生温州みかん『南柑20号』 2kg 

品種について
11月下旬から1月下旬にかけての中生(なかて)温州みかんの代表格、『南柑20号』。
食べやすさ、食味、食感、食べ応え、保存性・・・あらゆる面でトップクラスの優良品種で、日本の冬には欠かせないみかんです。
ただのみかんなのに、この美味しさはただごとではない。
毎年、安定した美味しさに仕上がる中島南部・宮野地区の園地のものに限定してお届けします。



中島産のみかんをまだ食べたことがない方にはまずオススメしたいのがコレです。
とくに品種へのこだわりがなく、ただただ美味しいみかんが食べたい方はこれで決まり!と言ってよいほど万人受けする味です。それほどに納得の味。

ヘタ周りの果皮にシワが強く出始めた頃がオススメの食べ頃です。
食前にも、食後にも、おやつにも、夜食にも。





個数の目安
2kg箱の場合、およそ30個前後が目安です。
(柑橘のサイズにより変動はあります)
お一人暮らしでも気軽に食べきれる量です。

5kg箱の場合、およそ70個前後が目安です。
(柑橘のサイズにより変動はあります)
2~3人、または大のみかん好きが1人で食べきれる量です。

10kg箱の場合、およそ140個前後が目安です。
(柑橘のサイズにより変動はあります)
ご家族(4~5人)、またはみかんは飲みのもだと思っている人が1人で食べきれる量です。
販売価格 2,300円(内税)