とっておきの希少みかん『ひめのつき』


知られざる美味柑橘! 黄色系柑橘のホープ「ひめのつき」



品種について
日向夏とアンコールが掛け合わさった新品種「ひめのつき」。
外見の黄色っぽさが酸味を連想させるため市場で敬遠され、なかなか日の目を見ることのない希少品種です。

日向夏から引き継ぐ爽やかな香りと、良い意味で予想を裏切る甘味があって食味は非常に良い。
種は多めですが、ギュッと詰まった実は小粒でも食べ応えがあり、春の柑橘としては数少ない手で皮が剥けるのも魅力。

2月下旬から熟期を迎えるものの、保存性が良いため4月頃まで食べられ、徐々に追熟して甘味が増していくので、気温が上がってくる時期に冷やして食べるひめのつきは絶品!
柑橘が好きな方は一度は食べておかないと損というほどオススメできる品種です。


個数の目安
3kg箱の場合、25〜30個前後が目安です。
お一人暮らしでも気軽に食べきれる量です。

5kg箱の場合、45〜50個前後が目安です。
2~3人、または大のみかん好きが1人で食べきれる量です。

10kg箱の場合、90〜100個前後が目安です。
ご家族(4~5人)、またはみかんは飲みのもだと思っている人が1人で食べきれる量です。

※各サイズとも、玉の大きさにより個数は前後します。
3kg5kg10kg
販売価格
2,650円(内税)
購入数